東京夜行バスのメリットとデメリット

東京まで旅行をしたいとき、移動手段は飛行機、新幹線などありますが、夜の間に東京まで運んでくれる東京夜行バスが人気になっています。東京夜行バスのメリットは何といっても低価格であることです。たとえば、京都駅から東京駅まで新幹線で行くとなると、交通費用は12、710円掛かりますが、東京夜行バスなら3000円代から料金設定があります。とにかく低価格で移動したいという人にはとても需要が高くなっています。また電車や新幹線のように乗り換えしなくてもいいことも利点です。

いったん乗ってしまえば出発地から目的地まで運んでくれるので、乗り換えのわずらわしさがありません。また、複数のポイントにバス停が設置されていることが多いので、より目的地に近いところで降りることができます。それは乗車の場合も同様で、地方ではとくに便利に感じるでしょう。夜行バスは眠っている間に目的地に連れていってくれるので、時間を有効活用できることも利点です。新幹線や飛行機にくらべれば移動に時間はかかりますが、移動中に寝ているのであれば、長い移動時間もそんなに気になることはないでしょう。

デメリットとしては悪天候や渋滞などがあったときに、予定の到着時間に遅れたりすることがある点です。ですので予定通りに到着しないといけない用事などがある場合だと注意が必要になります。また、バスの中でじゅうぶん眠れなかったという場合、寝不足になったりして次の日の行動に影響がでることも留意しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です