バスで大雪渓を見に行きませんか

バスツアーなら大雪渓も気軽に見に行くことができます。

最高のビューポイントに案内してもらえますのでアクセスも便利です。

大雪渓は日本に代表的なものが3つあり、白馬、針の木、剱岳です。

そのうち白馬は比較的アクセスが簡単で、気軽にハイキングができる地形ですのでバスツアーでも人気があります。

登山口から大雪渓までは1時間半の遊歩道になっており、散策を楽しみながらゆっくりとマイペースで登山を楽しめます。バスツアーでは登山、トレッキングツアーの名所となっています。

針の木岳は往復約9時間、8月まで積雪が残っており、傾斜が急で登山道も狭く、中級車用の登山コースです。高山植物を観察でき、雪の大谷ウオーク、黒部ダムなど立山黒部アルペンルートの長野側の扇沢駅が登山口なのでアクセスしやすい場所です。毎年6月に大沢小屋で開山祭りがおこなわれます。国内で一般登山者が挑戦するのに最も危険な山といわれる剱岳は見るものを圧倒するスケールです。

日本百名山の一つで、雪と岩の殿堂とも呼ばれています。ガイド添乗員付きのツアーが人気です。長野県、富山県発着の高速バスも利用できます。

山頂からは遮るもののない360度のパノラマが広がります。日本一の落差を誇る称名滝、雷鳥荘の温泉でゆっくりとくつろぎ、紅葉の剱岳を鑑賞するツアーは特におすすめです。紅葉の見ごろは毎年9月上旬となっています。

登山中級者限定、年齢制限がありますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です