尾瀬バスツアーのメリット

尾瀬は、初夏には水芭蕉が可憐な白い花を咲かせ、盛夏には鮮やかな黄色のニッコウキスゲが咲きほこり、秋には草紅葉が湿原一帯を金色に染めます。

群馬と福島、そして新潟にまたがって広がる大湿原は、季節を通じて訪れる人を魅了してやみません。

そんな関東圏随一の絶景の地を、気軽に訪れられるのがバスツアーです。日帰りでもたっぷり堪能することが出来、尾瀬の見所を余すことなく訪れることが出来ます。

また、水芭蕉の絶景ポイントとして有名な中田代を訪れるなら、前日深夜発のバスツアーがおすすめです。

玄関口である鳩待峠からは徒歩で2時間近くかかるからです。東京出発の前日深夜バスツアーなら、尾瀬の玄関口に早朝の5時前後に到着できます。

日の出とともに目的地に向けて出発することになり、早朝行動が望ましいハイキングや登山にうってつけです。早朝行動なら日中の混雑をさけることができ、尾瀬の自然をじっくり堪能できます。

一方、早朝行動が苦手な人には、当日朝発のハイキングツアーも用意されています。初めは無理をしないツアーに参加しながら、慣れた時点で深夜発のツアーに挑戦してみるのが良い方法です。尾瀬バスツアーでは、日本百名山の至仏山と燧ヶ岳の豊かな自然に出会えるのも魅力です。それぞれ、バラエティに富んだ散策コースがあり、一日では回りきれません。

日帰りで至仏山に登ることもできますが、その場合は鳩待峠から山ノ鼻を経由することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です