尾瀬観光に行くならバスがおすすめ

日本有数の高層湿原の尾瀬はバス観光でも人気が高く、一年中雄大な自然を楽しめます。どのシーズンに訪れても、心を癒してくれるような、美しい景色が見られるので、どこに行こうかと迷ったときは選ぶようにしてください。

広大な自然に囲まれている尾瀬はバスで観光するスポットが非常に多いため、中高年や高齢の方はもちろん、10代や20代の若い方でも、楽しい気分でまわれます。

燧ケ岳や大江湿原、至仏山、三条の滝などの美しい景色は、ひと目見たら忘れられないほどなので、旅の楽しい思い出にすることが出来るでしょう。

尾瀬をバスで観光するときは、1日では足りないので、2日以上はかけた方が良いでしょう。6つの入山口があるので、登山が趣味の人にも最適です。標高1、700メートルの沼山峠口から登ると、歩いて40分ほどで大江湿原にたどり着きます。

そこから眺める景色は最高だと、地元や観光客に評判なので、自分の目で見てみるようにしましょう。

タテヤマリンドウやカキツバタ、ヒメシャクナゲなど、美しい花々が咲き乱れるのも魅力なので、休日になったら、家族みんなでお弁当を持って出かけると良いでしょう。

マイカーで出かけることも出来ますが、旅をゆったり楽しみたいなら、尾瀬観光にはバスがおすすめです。車を運転していると、それに集中するあまり、景色をのんびり眺められないので、ほとんど記憶に残らないことがあります。

それではつまらないので、尾瀬観光をしたいときはバスを利用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です