スノボができるおすすめの旅行先

冬になるとスノボをするために旅行に行く方が増えてきますが、どこのスキー場が良いか悩まれている方も多いと思います。

そこでスノボをするためにおすすめの場所としてまず挙げられるのが、日本を代表するスキー場の1つである八方尾根です。広大な面積を誇り多彩なコースレイアウトで知られており、尾根から滑り落ちる斜面が急なので中上級者向けと言えます。1998年の長野オリンピックの際には、アルペンスキー高速系種目などの競技会場となり、有名になりました。

ゲレンデの下の方は5つのエリアに分かれており、なかでもうさぎ平から名木山に滑り落ちる「リーゼンスラローム」は、名コースとして知られています。今まで色々なスキー場に旅行をしたことがある人でも楽しんでいただけると思います。こちらのスキー場のアクセスは、北陸新幹線長野駅からバスで70分、JR大糸線白馬駅からバスで10分ほどです。

続いてスノボをするためにおすすめの旅行先として挙げられるのが、日本で最も有名なスキーリゾート地である苗場です。プリンスホテル系のスノーリゾートで総面積は196haという圧倒的な広さで知られています。コースは緩やかなところもあれば急なところもあるので、初心者の方でも中上級者の方でも利用出来るのが魅力です。

また、アフタースキーも充実しておりリゾート空間も洗練されています。このようにスノボをする場所はたくさんあるので、ぜひ自分に合った場所を見つけることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です