大阪まで快適な座席の夜行バスで過ごす

大阪まで夜行バスで行く場合、例えば関東からだと夜の9時ぐらいに出発して、到着するのは朝の6時から7時ぐらいとなります。

途中で何度か休憩はあるものの、基本的には長い時間座席に座っている状態となります。

一般的な夜行バスは、いわゆる4列シートとなっているので、隣に誰かがいる状態で座ることが多いです。また、後ろとの距離も近いため、あまり座席も深く倒せない設計となっています。したがって、どうしても4列シートの場合だと、長時間座るのが難しいという人もいるでしょう。

そんな時は、3列シートの夜行バスを利用する方法があります。3列シートであれば、1つ1つの座席が独立した状態となっているので、隣に誰かが座っているいうこともありません。また、後ろの距離も確保されているので、かなり深くまで座席を倒すことが可能です。これなら、大阪まで快適に車内で過ごすことができるでしょう。

ただ、3列シートの場合は料金が少し高めに設定されているので、それがどうしても懸念材料になってしまうでしょう。ただ、それでも飛行機や新幹線よりはよっぽど安いですから、快適性を重視するなら十分に利用する価値はあると言えます。

大阪に到着するまでに疲労が溜まっている状況では、旅行や観光の楽しさも半減するでしょうし、だからといって飛行機や新幹線は高くて厳しいのであれば、夜行バスの3列シートは大いに検討する余地があります。
いろんなバス会社の料金を比較して、お得なプランを見つけるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *