バスツアーに参加するときの注意する事

バスツアーに参加するときにはコース選びや天候や渋滞、最低催行人数に車中でのすごし方、時間厳守などが重要になります。

プランだと行動が決まってしまうので最初のコース選びは大切で、これで失敗すると旅行も苦痛になります。バスツアーだと時間が限られているので観光地での滞在時間が少なめだったり、下車しないで車窓から見学することもあります。格安ツアーは昼食や入場料などが含まれていないこともあり、パンフレットにも出発や到着の予定時間や立ち寄る場所だけが記載されいることが多いので、じっくり見たい場所があるときは滞在時間なども確認しておくと良いです。

屋外の観光だと雨天の場合もあります。味覚狩りなどだと雨天だと中止になって別の場所になりますし、渋滞だと滞在時間が短くなったり予定地を飛ばしたりします。混雑が予想されるときは出発時間が早まったり、出発地を限定して対応したりするので対応も確認したほうが安心です。一般的に最低催行人数を設定していることが多いので満たしてないと中止になります。

最低催行人数が30人と決まっているのも少なくないので、最初に人数と申し込み状況を尋ねておくのも大切です。バスツアーは移動時間が長いので車内で快適に過ごせるかも重要で、足置きやスリッパ、水分補給、あとエコノミー症候群にも注意が必要です。バスツアーには観光地に到着すると自由行動で出発時間に各自でバスに戻ることが多いので、集合時間を守ることは必須条件です。遅刻すると他の人にも迷惑になって、一定時間経過するとバスが待たないで出発してしまうこともあるので時間は守るようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *