激流のスリルにみんなで挑むラフティング

今、綺麗な川の激流をボートで下るラフティングに注目が集まっています。

ラフトと呼ばれる浮力によって航行する小型のボートに乗り、川下りをするレジャースポーツです。特に日本では急流を下ってスリルを楽しむホワイトウォーターラフティングを指す事が多いです。

日本では数十年前から一部の愛好家のみで行われていましたが、ラフティングという言葉もなく、技術的にも安全面でもレジャーとは呼べないものでした。日本で本格的にレジャーとしてスタートしたのは四国の吉野川で、1990年代後半から若者たちを中心にブームが起こり、現在では1つのレジャーとしての地位を確立しました。

近年では、子供からお年寄りまで楽しめるアクティビティとして、広く認知され、中学校や高校の修学旅行のうろグラムの一つにも組み込まれる程人気が高くなっています。

ラフティングがなぜこれ程人気が出たのかというと、綺麗な空気を吸いながら、激流を下り、非日常のスリルと感動を味わえる部分が大きいです。

また、仲間や家族と協力し、激流という困難に立ち向かう事で達成感と団結力を高める事が出来る事も人気の秘密の一つです。

また、大自然の中でも経験豊富なガイドさんが安全にツアーを行ってくれ、子供でも安心してアクティビティに参加出来る事も魅力です。

また、岩に当たらないボートや安全なライフジャケット等安全に必要な装備も充実しています。美味しいご飯を食べ、温泉に入る等、ラフティングを楽しんだあとも充実出来るので是非、大自然の中の川下りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *