ラフティングツアーの選び方について

ゴムボートで参加者全員が協力してパドルを漕ぎ、激流などの川下りをするアウトドアスポーツにラフティングがあります。

爽快さや豪快さに大きな魅力があり、中でもツアーはインストラクターが配備されるなど安心して利用することができます。因みにラフティングのラフトは「いかだ」のことを意味します。

ラフティングのほとんどは渓谷や激流などで知られる著名河川で行われており、中には定期的な大会が開催される場所もあります。ツアーは大会コースとは異なり安全性を考慮した上で設定されており、コースによっては小学生でも参加をすることが可能です。

一方、どうしても落水や転覆、天候の変化による事故などのリスクが伴うことになり、ツアーの選択には十分な考慮が必要になります。ツアーへの参加で最も重要なものとしてラフティング会社の選択があります。

安全性の面から見た場合にはRAJ加盟かどうかが判断基準になり、RAJとは日本唯一の全国組織となるラフティング協会です。協会の主な業務内容には、ガイドライセンスの発行、トリップリーダー制度の実施、加入保険の確認、安全基準・運行規定・装備に関する基準の策定、毎年の研修実施などがあります。

例えばライセンスに関しては、取得をしていない場合にはガイドとして川に出ることはできません。取得には学科と実技試験の両方に合格する必要があり、参加者は有資格者がいることで安心して参加をすることができます。

ツアーへの参加では保険の有無も重要な要素となります。加盟各社の保険に関しては加入義務とともにRAJによる確認が行われており、内容としては賠償責任保険と障害保険の2つがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *