初心者のためのラフティングガイド

ラフティングとは、6人から8人乗りの専用の大型ボートに乗り川下りをするアウトドアウォータースポーツです。

イカダを意味するraftという英語がラフティングの語源になっています。日本では1980年代に始まりましたが、今でも多くの人が初体験の場合が多い、比較的新しいアウトドアスポーツです。寒さの厳しい冬季以外の5月から10月くらいにかけて通年行われています。特に6月から8月にかけてが天候の都合もあり、より川が激流になるのと水温が程よいため人気です。5月でも気温が25度以上の日もあるので天気に気をつけて日にちを選べば寒さを感じにくいようです。

また、10月は水量が安定しているため川の流れが緩やかになるので小さいお子様と一緒だとオススメです。このように、夏場の人気シーズン以外でも楽しむことができます。ラフティングをする際はヘルメットやライフジャケット、専用のブーツなどを身につけます。ほとんどがレンタルで使うことができます。気温の下がる時期にはウェットスーツを着ることもあります。貸し出される場合もあるようですが、波や急流での水しぶきを防ぐスプレージャケットがあると便利です。

泳げないのに参加できるのかと悩む方もいるかもしれません。ですがライフジャケットを着ているのでその心配は不要です。実際、全く泳げない方でもラフティングを楽しまれている方は多いです。そして、川を下る前に事前講習のようなものがあります。そこで基本的なパドルの操作やボートの座り方や捕まり方、川に落ちた場合の対処法などをしっかりレクチャーしてもらえます。始まってからもガイドが同行して進んでいくのでマリンスポーツの中でも比較的安全といえるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *