女性の場合のラフティングツアー

ラフティングツアーを女性が行う場合、日にちが生理の重なる場合があります。

よって生理による体調不良でキャンセルしても、大部分が通常どおりのラフティングツアーのキャンセル料が発生することになります。ただし生理中でもタンポンやナプキンをしてラフティングツアーをすることは可能です。メイクをしたまま行うことも出来ますが、水に濡れることになるので汗や水に強いウォータープルーフコスメを使用するのが一般的とされています。またいつもはメイクをしっかりする人も、この場合はノーメイクのパターンもあります。

日焼け対策をする女性もあり日焼け止めを塗ったりしますが、顔に塗る場合目より上にあまり塗ってしまうと水しぶきを浴びた時に落ちて目に入って悶絶するケースがあるので気をつけなければいけないポイントです。特に日に焼けやすい箇所は手の甲なのでグローブをして日に焼けないようにするといった方法があり、グローブはレンタル出来る事が可能な場合もあります。

ラッシュガードの着用では保温性はないものの日焼けを防ぎ、また怪我も防ぐので便利なアイテムです。女性の場合冷え性という問題がある人もいるので、保温性を上げるために裏起毛になっているインナーもしくはヒートテックを着用して対策する事になります。冷えでトイレに行きたくなる場合もあり、我慢すると膀胱炎になることもあるので最中に催した場合は我慢しないで水中で用を足すという手段もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *