関東発の富士山登山ツアーを所要時間で比較

関東発の富士山ツアーに参加する場合、登山が初めての人や富士登山が初めての場合には所要時間をチェックしておくと安心です。

これは関東発のツアーの中には中級者向けとも言えるルートの登山になっているものもあるためです。富士山には4つの代表的な登山ルートがありますが、ルートに応じて頂上まで行くのにかかる時間も変わります。

山梨県側から入山を行う吉田ルートは4つの中でも人気が高いコースです。富士スバルラインの五合目からスタート、吉田口・須走口頂上まで約6時間10分、ここから最高峰の剣ヶ峰までは約50分です。

一方、標高差が最も小さいと言われている富士宮ルートは中級車向けのコースで、所要時間は約6時間30分になります。須走ルートは緑豊かなコース、砂走りも楽しめるなどの魅力を持ちますが、難易度は少々高めのコースで、所要時間は約7時間10分です。

御殿場ルートは標高さが約2300メートルあるコースです。標高差があるので難易度は中級者以上のコースでもあり、所要時間は登山口から剣ヶ峰まで約9時間です。これらの所要時間はルートマップに記載が行われている時間で、平均タイムになっています。

山歩きが初めて、富士山のツアーが初めてなどの場合は、所要時間が多く掛かる、途中の休憩時間も加算して計算を行うなどが大切です。関東発の富士山登山ツアーに参加する時、初心者であれば吉田ルートで山頂を目指すプランを選んでおくと安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *