関東発で富士山に行くには

静岡県と山梨県の県境に位置する活火山である富士山。

日本最高峰である標高3776.24メートルという雄大さはもちろん、四季を表現する優美でたおやかな風景は、世界中から「日本の象徴」として広く認知されています。

富士山に登るルートは代表的なもので4つあります。初心者の多くは「富士スバルライン五合目」を拠点にした吉田ルートを選択しています。この「富士スバルライン五合目」は登山口拠点というだけでなく、迫力ある富士山麓の眺めを近くで楽しめたり、お土産売店やレストラン、神社などもあるため観光地としても人気の場所です。

「富士スバルライン五合目」は関東発からのアクセスが大変便利な場所です。アクセス方法は複数ありますが、最も手軽なのはマイカーで行くことです。中央高速自動車道河口湖IC/東富士五湖道路より、富士スバルラインを経由して車で50分程度で到達することができます。

ただし、毎年夏の時期にはマイカーの入場規制が実施されるので確認してから出発しましょう。関東発で公共機関で行く場合には、高速バスや電車で行くことができます。高速バスは都心から「富士スバルライン五合目」行の便直行便が数多く運航しています。

近頃の高速バスがインターネットで座席の事前予約が簡単に行えるので、気軽に富士山に行ってみたいという方にはおすすめの方法といえます。電車の場合、関東発ならJR中央線から富士急行線を経由し、河口湖駅まで行くことができます。駅からは各登山口まで路線バスが運行しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *