夏は北海道旅行ー道央

夏でも涼しい北海道で、都会の文化と歴史、グルメを楽しむなら道央旅行がおすすめです。

まずは札幌。駅南口を出てしばらく行くと、大通り公園に出ます。1.5kmにわたって花壇や噴水が美しく整えられている公園で、ライラック祭り、YOSAKOI祭り、雪祭りでも有名です。大通り公園を過ぎる頃には、右手にテレビ塔、左手には時計台が見えてきます。

時計台は札幌農学校の演舞場として明治11年に建てられ、明治14年から時を刻んでいます。少し手前には、北海道庁旧本庁舎があります。赤レンガのネオバロック式の建物は、明治21年に建てられ、重要文化財に指定されています。近くには樹齢100年の爽やかなポプラ並木が印象的な、北海道大学もあります。

テレビ塔の近くの歓楽街すすきのでは、数えきれないほどの飲食店がひしめきあい、北海道の味を食べつくすことができます。新旧のラーメン屋が並ぶラーメン横丁も一角を占めています。札幌ドームは日本ハムファイターズの本拠地。時間があれば、地元の人たちと一緒にスター選手を応援するのも、旅行の思い出になります。また豊平川上流の渓谷、定山渓には温泉郷があります。

藻岩山からは札幌市街を一望できます。小樽も魅力的な街。明治から昭和初期に商都として栄えた小樽には、小樽運河や北一硝子など独特の風情を持つスポットや、石原裕次郎記念館等もあり、旅行気分を盛り上げてくれます。新鮮な魚介類を食べて買える三角市場も賑わいを見せています。

道央の西の方にはニセコとルスツという有名なスキーリゾートもありますが、その近くにある羊蹄山は季節ごとの美しい風景が人気のスポット。羊蹄山の絵のような景色を眺めながら食べるジンギスカンも格別です。積丹半島は奇岩と深い青色の海が印象的。神威岬からの眺めは絶景です。道央には、名馬を生む牧場が多い日高や、日高山脈が海へとつながる岩礁地帯が壮観な、襟裳岬も含まれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *