スキーツアーの事前準備と知識

各旅行会社でざまざまなスキーツアーの取り扱いがあります。

また、自分の目的に合わせてどこのスキー場に行きたいのかを事前に確認しておくと実際にスキーツアーで現地に着いた際にイメージと違うなんて事もなくなります。スキーツアーも色々なプランがあり迷いますが初心者であれば傾斜の少ないスキー場や上達レベルに合わせてコースが分かれている、コース自体が広いなどがポイントになります。また、初心者であれば何回も転倒しますので夜間に滑るナイターは避けたほうが無難です。

なぜかと言うと夜から深夜にかけては滑走面が気温の低下と滑る人達の減少によりシャーベットのように固まり転倒した際の痛みが激しくなります。場合によっては骨折などの重傷を招く恐れもありますので注意が必要です。当然、摩擦の抵抗が少なくなる為スピードも出ますので初心者にとっては難しいです。最悪の場合それがトラウマとなりスキー自体を楽しめなくなってしまいます。スキー板については、スキー場でもレンタルがありますが途中にもレンタルハウスがあります。

レンタル料金が違う事もあるので事前に確認をしておいたほうが良いです。ツアーの種類によってはスキー場に行く手前のレンタルハウスで一旦止まる事もあります。レンタル料金にもよりますが、少しの金額差であり自分に合うサイズがあったならばその時にレンタルをしておく方が良いです。なぜかと言うと、スキー場に着いてレンタルをしようと思ってもサイズがない場合があり、他のサイズを無理やりにレンタルするか返却があるまで待っていないといけないからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *