スキー旅行のゲレンデは目的やレベルに合わせて選ぶ

かなりの数のゲレンデ数が国内にはあるため、スキー旅行に行く場所を1ヵ所に絞るのは難しいです。

とはいえゲレンデにはそれぞれ、強みや特徴があります。スキー旅行に行く目的や、本人のレベルなどに合わせて、比較をしながら選ぶことです。初心者なら広大すぎるゲレンデへ行ってしまうと、まださほど思うように滑ることができないため、持て余してしまうことがあります。ビギナーに必要なのは、練習のしやすい広さと環境です。しっかりと練習ができることが最大の目的でもありますし、マイペースで練習ができる方が慣れない人には合っています。

小さめのゲレンデを選んで、空いている空間の中で、のんびりと滑る練習をするのも悪くはありません。パウダー好きが選ぶのであれば、白馬エリアのゲレンデは標高が高く、豪雪エリアの妙高や北海道などは、パウダーのヒット率も高いです。ライダーやパーク好きが集まりやすいのは、岐阜や湯沢エリアなどで、パークで思い切り遊ぶことができます。

滑る山だけを目的とするだけでなく、温泉も込みの旅行として選ぶのも楽しいです。昼間はゲレンデで思い切りスキーを楽しんで、夜は温泉で癒されるのも贅沢な時間になります。シーズン真っただ中だと希望の宿の確保が難しくなることもあるので、シーズンインも近づいてきたら、早めに行き先選びをはじめてみてみることです。スキーが最大の目的であり、さらに希望を叶える宿なども一緒にチェックします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *