内科と高血圧の治療について

内科では高血圧の治療をしていくこともできます。そもそも自分の血圧を把握していない人もいるかもしれません。血圧は健康状態を管理するにも大切なものですから、内科で血圧測定をしてもらうのもいいでしょう。高血圧は健康にも関わってきますから、内科での治療で正常な数値にしていくことです。

正常な血圧値とは、最高血圧が130mmHg、最低血圧は85mmHg未満と言われています。高血圧と診断をされたら、治療が必要になってきます。本態性高血圧は40歳以上で多く見られるようになり、年齢的なものや肥満、乱れた食生活などの要素も関わってくるので、原因ははっきりしません。血圧は高いものの、ほかには特に自覚症状がないために、本人でも気が付きにくいものです。

ですが放置できないのが、高血圧の症状でもあります。心筋梗塞屋心臓肥大、脳血管障害の原因になることもあるためです。こうした合併症を引き起こさないためにも、治療は早いうちにすることです。まずは数値を知るため、血圧測定をすることです。

日々の暮らしの中でも、高血圧の予防をしていくことができます。過労やストレスは軽減して、睡眠不足は解消しましょう。太り過ぎは高血圧の元ですから、食べすぎには気をつけて、運動習慣を取り入れるといいです。ウォーキングや水泳、サイクリングなどもいいでしょう。

肥満体は健康的な原料をして、体重を適正に落とすことです。塩分の過剰な摂取は控えて、ナトリウムを排出する食材を食べましょう。加えて血圧も下げてくれるのは、カルシウムやカリウムです。これらを多く含む食材として、生野菜や果物、小魚や海藻類もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です