内科とメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは日本でも深刻な悩みとなっていますが、内科ではそんな生活習慣病の相談をすることもできます。 毎日の乱れた生活習慣によりてひき起こされるのが、生活習慣病の病気です。多くの人が悩みを抱えながらも、自覚症状が乏しいといったこともあり、あまり大きな病気という意識は持ちにくい傾向にもあります。ですがメタボリックシンドロームは、合併症がこわいもので、生命に関わる重病になることもあります。

ある程度の年齢となったら、定期的な健康診断は受けるようにして、なにか異常があるようならば内科での精密な検査や指導、そして治療を行うことです。日本人の死亡原因の2/3ほどが、生活習慣病が引き金となっているものです。生活習慣の乱れとは、偏った食生活や運動不足、タバコを長年吸い続けたり、過剰なアルコール摂取などで、高血圧や肥満、糖尿病などの症状を抱えることです。メタボリックシンドロームは、不健康な生活習慣が発端となる生活習慣病であり、高血圧や脂質異常症、糖尿病や肥満をかかえ、病気は動脈硬化を招きます。

悪くなっていくと脳梗塞や心筋梗塞にも関わる病を誘発することにもなります。放置は大きな病気のリスクを含みます。受診しやすい内科を見つけて、はやめに相談をしましょう。今の体重や身長、体脂肪などのバランスから、内側の検査までして、健康的な体へ帰るための治療を、前向きにしていくことが必要です。

治療は早いに越したことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です