一般内科と脂質異常症について

最近脂肪が増量中であれば、内科を受診してみることです。太るということは脂肪が多くなることであり、コレステロールなども変化してきます。内科では基本的な健康管理にも強い科です。太った体型には、何かしらの健康被害の火種が見つかる可能性があります。

脂質異常症なども、内科では治療をしていくことは可能です。高脂血症は血液の中に存在する、中性脂肪やコレステロールが増えている状態です。太り過ぎが原因かと安易に考える人は多いです。健康診断で数字と共に指摘をされても、あまりピンと来ないものですから、病院での精密な検査設けない人は多いです。

ですがそのままにすると怖いもので、動脈硬化が進みます。脳梗塞や心筋梗塞を招くリスクが、どんどん高まることになります。早めに内科を受診して、治療をして治しましょう。高脂血症の原因としては、過剰な食べ過ぎや、高脂肪食が大好きであったり、アルコール摂取が多過ぎることも原因です。

そもそも肥満はダイレクトに病気になりやすいですし、運動不足も良くはありません。ほかには、遺伝子異常も考えられます。とはいえ高脂血症になる8割の下人は、日々の食生活が引き金になっています。飽和脂肪酸は、体内のコレステロール値を引き上げてしまいます。

動物性食品に多く含まれているので、肉やたまご、バターなどは控えめにすることです。コレステロールを下げる食材を選ぶことに、意識を向けてみるといいでしょう。大豆食品や野菜類、青さかなや海藻類は、栄養素も抜群ですし、コレステロールも下げてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です