人の命を守るAEDを購入するためのポイント

AEDを購入する際のポイントとなるのが、誰もが操作しやすく重量の軽いものを選ぶことで、AEDを導入しても使いこなせなかったという事例も実際に起こっています。操作がしやすいことはもちろんですが重さも重要で、片手で運べるものから両手で持ってもずっしりくるものまで種類があります。女性や未成年者、子どもが操作する可能性もあるので、軽くて簡単に運べるものを購入することがおすすめです。レジャーや登山で持ち運べる軽いものや、設置型ものもでも軽量なタイプなど、様々なものが販売されています。

救急車に設置されている除細動器と互換が行える、除細動パッドが付いたAEDを選ぶと、救急車が到着した時に隊員がスムーズに引き継いでくれます。また、日本人だけが使用するとは限らず、万が一周りに日本人がいなくても使用できるように、多国籍言語に切り替えができる機種を選ぶと良いでしょう。空港やホテルなどの外国人が多い場所や施設に、設置する場合は検討が必要です。人の命を守るAEDは、生産国や対応機能、知名度などの信頼性も重視して購入を検討し、サポート体制が充実している日本製を選ぶとより安心です。

24時間年中無休で対応しているコールセンターを設けているのは、日本製のメーカーが多く、慌てずに落ち着いて対処できるようにサポートしてくれます。低価格から高価なものまで様々な価格帯で販売されているAEDは、価格で選ぶだけではなく、購入後の耐久性や本体の保証期間などもチェックしてから購入することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です