AEDの購入はランニングコストも考慮する

会社の経営者や施設の運営者の中には、突然の状況に供えてAEDを購入したいと考える人も多いことでしょう。経営者や施設の運営者だけでなく、家庭用に購入を考えている人もいるかもしれません。このときに気になるのが価格ですが、価格の相場は1台20~30万円程度です。また、AEDは一括で買う方法以外にもレンタルをすることもできます。

レンタルの相場は4千円~6千円程度です。ただ、AEDは購入すれば一生使えるというものではなく、バッテリーや電極パッドは定期的に交換する必要があります。電極パッドは2年に1回程度、バッテリーは4年に1回程度交換をします。バッテリーは約3万5千円、電極パッドは約1万円するので、購入時はこの交換費用も考慮することが大切です。

商品には、交換用のパッドなども付属している商品もあれば、交換用は別途費用が必要になる商品もあります。そのため、単純に価格だけで比較をするのではなく、付属品もチェックして比較することが大切です。交換が必要な電極パッドやバッテリーの寿命も確認すれば、保持するためのコストが分かります。初期費用が高くてもランニングコストも考慮すると安いケースもあるので、消耗品の寿命もよく確認して商品選びをすることが大切です。

医療機器なので、買うためには特別な資格が必要ではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、買う側には特別な資格は必要なく、だれでも買うことができます。ただ、販売する側には資格が求められます。入手先は、一般的に資格を有した人が在席する販売店ですが、大手通販サイトなどでも買うことは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です