皮膚科でほくろの除去

顔にほくろがあると、目立つため、除去したいと考える人は多いです。しかし、ほくろは、できている場所や大きさなどによっては、除去するまでに時間がかかることがあります。仕事をしている場合、ほくろ除去の治療を受ける時間を作るのが難しいという人も少なくありません。また、顔のほくろを除去する場合、ほくろの除去方法によっては、しばらく会社を休む人もいます。

海外通販などで、ほくろが取れるクリームが販売されていますが、自己判断で使って、肌トラブルを起こすケースもあります。ほくろの除去で一番安心なのは、皮膚科クリニックなど皮膚科医が診断してくれるところに行って、ほくろを診てもらい、治療してもらうことです。皮膚科クリニックでは、レーザーやくり抜き法など、様々なほくろ除去の方法があります。切開して縫合する方法や、くり抜き法では、皮膚の奥深くにあるメラノサイトまで除去することが可能なので、除去した後にほくろが再生する可能性は低いと考えられています。

その一方、レーザー治療の中には、皮膚表面にしか作用しないものもあるので、1回の照射では完全にほくろが取れないケースもあります。ほくろの除去は、最初のカウンセリングで医師から除去方法の説明を聞いて、自分のほくろの症状に適した除去方法を選ぶことが大事です。最近は、ほくろ除去の技術も向上して、ほくろを取った後は、ほくろがあったことも、除去したこともわからないくらい傷跡がきれいに治ることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です