皮膚科でのニキビ治療について

肌にニキビができた場合、市販のニキビ治療薬でニキビを治す人も多いですが、最近は、皮膚科でニキビの治療をする人も増えています。皮膚科のニキビ治療の中には、保険が適用されるものもあります。保険が適用されると、経済的な負担が軽くなります。保険が適用されるニキビ治療のひとつが、圧出治療です。

圧出治療は、専用の器具を使って、毛穴の中身を押し出します。圧出によって皮脂や膿が排出されると、ニキビが早く治ります。皮膚科では、肌の状態を見ながら圧出治療を行うので、安心です。外用薬も保険適用で処方されるものがあります。

その中には、ニューキノロン系やリンコマイシン系の抗生物質の外用薬があります。白ニキビや黒ニキビが悪化すると、炎症で赤くなるケースがあります。その場合、炎症の原因であるアクネ菌を、抗生物質で殺菌して、炎症ニキビを治していきます。また、マクロライド系やテトラサイクリン系の抗生物質の内服薬、ビタミン剤もあります。

ビタミン剤は、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどが処方されます。保険適用外になりますが、トレチノインクリームを使ったニキビ治療は、非常に人気があります。トレチノインは、古い角質を剥がす作用とピーリング作用があるので、ニキビ治療に適しています。また、トレチノインは、ニキビだけでなく、肌の弾力も改善します。

衰えた肌のターンオーバーも促進させるので、トレチノインクリームがあれば、ニキビ治療だけでなくエイジングケアもできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です