腱鞘炎の治療にはマッサージや注射に手術等があります

指や手首にある、腱と腱鞘が炎症を起こすことを、腱鞘炎と呼んでいます。一般的には、指や手首に同じ動作をすることで負担がかかり、骨と筋肉を繋いでいる役目の腱が炎症を起こし、腱鞘を通る時に強い痛みがでるとされています。腱鞘炎の治療方法には、軽い症状の場合ですと、炎症を鎮めながら腱や筋肉をマッサージや鍼などを施して、ほぐしてあげることが大切といいます。痛みや症状が続く場合の治療法としては、局所麻酔剤と副腎皮質ホルモン剤が混合された注射剤が、腱鞘内に注入されることもあります。

この注射剤を用いての治療で一旦症状が回復しても、腱鞘炎の状態が重いようなケースでは、手術という治療法を選択することがあるといいます。手術を行った際には、靭帯性腱鞘の肥厚や粘液嚢腫などを合併している場合があるといいますので、指や手首の痛みや違和感があった時には、早めに専門医の診療を受けられるのがいいでしょう。腱鞘炎の手術をした後には、リハビリを行うことが欠かせないといわれています。その方法や注意する点は専門医が指導してくれますから、指示に従ってリハビリを続けていきましょう。

腱鞘炎の場合ですと、使いすぎてしまった指や手首の関節ではなくて、硬くなった筋肉や腱を柔らかくほぐしてあげることが大切になります。症状が軽い場合には、マッサージや鍼などの施術が効果的とされていますので、腱の炎症状態を見ながら、専門医の治療を受けられてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です