腱鞘炎の原因と治療方法

現在、多くの男性や女性の間で腱鞘炎による痛みで悩みを抱えている方が少なくありません。腱鞘炎になる原因として仕事でパソコンを使う方はマウスを使用しすぎていることやまたペンを使った長時間の仕事、他にもスポーツで同じ腱の使いすぎによる痛みなど様々な要因が考えられます。仕事やスポーツに支障が出ないように早めの段階で治療を行うことが大切になります。まずは原因を確認するために整形外科にいき、特に問題とされた場合は腱鞘炎と判断されます。

その後、整骨院での治療が必要になります。整骨院での治療の多くは電気が一般的ですが、長い目で見て治療を進めていくことが必要になります。しかし、仕事やスポーツで早く改善されたい場合などは電気と合わせて鍼の治療がなされます。鍼の場合は痛みの部分とその周囲に鍼を打つことで早い段階で改善がされるとされています。

このように鍼や電気を用いて改善していくと同時に自らも注意して日時生活を送って頂くことが大切になります。まず1つとして長時間使用した部位をアイシングすることや痛みのある部分を無闇に動かさないためにもテーピングで固定することも腱鞘炎の予防や改善に大きく繋がります。また長時間同じ動作を繰り返している場合は一旦手を止めてストレッチや痛みが出る部位を休めながら仕事やスポーツをする事が必要であると考えられます。今後も痛みなく快適に過ごしていくためにも予防と対策が必要になると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です