手を酷使する人に多い腱鞘炎の治療方法とは

腱の周りを覆っている腱鞘に炎症が起こる病気なのが腱鞘炎です。作業による手の使いすぎ、手首の負担のかかりやすい職業に従事している人、育児中の主婦の方も赤ちゃんをだっこする機会が多いためになりやすいとされます。そして近年増加しているのがパソコンやスマホの使いすぎによる腱鞘炎であり、今や職業問わず誰もが発症してしまう可能性が大きいと言えます。この腱鞘炎の症状のなかでも多く見られるのがドケルバン病とばね指です。

親指の使いすぎで起こりやすいドゲルバン病は手背第一コンバートメントという部位の腱鞘に炎症が起こる症状です。ばね指は指の付け根が痛み、指の動きが引っかかってバネのような現象が起きるのが特徴で、指にある靱帯性腱鞘に炎症が起こる症状です。これらの症状が慢性化するとその痛みで指や手首が動かせないほど悪化してしまい、最悪のケースでは手術が必要になりますので、早めの治療などの対処が必要です。まず腱鞘炎の痛みが出始めてきたら、患部を安静にする、腫れを抑える、痛みを止めることが大事です。

症状が軽い場合においては安静にすれば自然に治ることは多いのですが、原因が仕事や家事、スマホの酷使であればそれらを休んで安静にすることは難しい話です。大半の患者は患部に負担をかけないように注意しながら、治療を並行して回復を目指します。腱鞘炎の治療法には湿布、テーピング、服薬、ステロイド注射、そして手術があります。そしてこれら治療と並行してセルフケアも大事であり、ストレッチなどで筋肉をほぐすことも効果的ですが、症状が悪化している場合では逆効果になりますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です