AEDはレンタルするのが便利

心臓が止まってしまうと、いち早く心肺蘇生をしないと脳に大きなダメージを与えてしまいます。最悪の場合は亡くなってしまうので、もし倒れた人を見かけたら率先して助けないといけないです。心臓マッサージでも心肺蘇生を目指すことができますが、訓練を受けていないと力加減なども分からないので上手くできないかもしれません。そんなときにAEDを用意しておくと、誰でも安心して心肺蘇生できるので便利です。

短期間のイベントや工事現場などにもAEDを用意しておいたほうが安心ですが、購入すると高いのでレンタルしてしまうのが賢い方法になります。AEDのレンタルをサービスとして提供している会社があるので、基本的にレンタル料を負担することで、簡単に借りることが可能です。数日や1カ月ぐらいの期間からレンタルすることができますから、各自が必要な場面にだけAEDを用意することができます。学校やマンションなどでAEDを用意したい場合は、長期のレンタルもあり数年以上の契約を結ぶこともできるので便利です。

基本的に長期のほうがお得な料金設定になっていますから、お試し感覚で数年間サービスを利用してみるのも賢い方法になります。緊急時に使用する物だけに誰でも使えるような場所に設置されることになるので、盗難されたときにどうなるのかも気になる筈です。大体の会社ではオプションなどで免責金額を一定の金額で抑えられる補償金制度があるので、任意で加入しておくことで盗難された場合の不安も少なくなります。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です