AEDをレンタルで設置

国民健康増進法の発令に伴って様々なシステムや医療体制にも変化が生まれました。消防署などでの救急救命法の講習会が頻繁に開催されることになり、各自治体単位の少人数で人体模型を使いながら止血法やファーストエイドの処置の仕方、救急車の手配などの講習をかつては受けていたのですが、近年ではそれまでのカリキュラムにAEDの使用の講習も加わることになり、実際に機械を手にすることが始められています。心臓疾患が疑われる際に使用される除細動器ですので、模型に衣服を着せて衣類を切って肌を露出させるところから研修が始まります。レンタルの機器を使って中学生たちもペアを組んで機械を操作する役と、応援を読んだり救急車を依頼する役とに分かれて講習を受けます。

最近は機械が高額であって、しかも使用頻度がほとんどないことなどを考慮してレンタルで設置している場所も増加し居てます。複数人が集うような場所にはAEDを設置することが努力義務となっていますが、実際に人ごみの中で発作を起こした利用者がいたとしても、その場にAEDが設置してあったとしても、講習を受けているとはいえ機械を作動させる人物が現れるかどうかわからないものです。設置している場所のスタッフたちは定期的に講習も受けているのですが緊張感が先だって動けなくなるものです。レンタルで設置している場合、業者が点検に来てくれて充電の状況や使用期限も見てくれるので安心できますが、いざ本番となると腰がひけてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です