東京から名古屋まで格安で行くなら高速バス

東京から名古屋に旅行に行く場合は新幹線を使うのが一般的ですが、やはり料金はそれなりにかかります。自由席で乗ったとしても1万円くらいはかかるのでけっこうな出費です。もっと安く名古屋まで行きたいというのであれば、高速バスを使うのがおすすめです。高速バスを使えば、新幹線で行くよりもずっと安く移動ができます。

バス会社によっては、新幹線よりも半額以下の料金で名古屋まで行けてしまう場合もあります。たしかにバスは新幹線に比べればスピードは遅いですから、到着するまでの時間は長くなりますが、夜行バスを使えば、寝ている間に移動ができてしまうので効率がいいといえます。

東京から名古屋までなら、夜にバスに乗って寝ていれば、早朝には到着します。朝早く目的地に到着できるので、一日丸々目的地で時間を使うことができます。また、昼間運行の高速バスでも寝ようと思えば眠れますし、窓からの景色をのんびり眺めながら旅をするのもけして悪くはありません。

高速バスを格安で利用するなら、バスに乗車する直前に予約をするといいです。直前に予約すると、とても安くチケットを取れる可能性があります。名古屋までなら最安で片道3000円くらいで行けてしまう場合もあります。新幹線に比べれば3分の1くらいの料金で済んでしまうのですから激安です。

また、最近の高速バスは安いばかりが取り柄ではなく、高級志向のバスもあります。ゆったりとした3列シートタイプのバスなどがあり、隣の人を気にすることなく旅ができます。

夜行バスは突然な大阪出張にも便利

夜行バスの人気が高まってきています。一体なぜでしょうか。他にも色々な交通手段があります。日本国内には多種多様な交通手段があり、陸海空、色々な方法で大阪府に行けます。ただ、最近ではいずれの交通手段も皆、軒並み値上がりを続けています。

特に飛行機やフェリー、そして新幹線などの交通手段はコストパフォーマンスがあまり良くありません。また随分と前から予約する必要があり、突然大阪出張を命じられた時などは、そもそも使えません。一方で夜行バスの方はどうでしょうか。

コストパフォーマンスの面は抜群に良好です。値段は他の交通手段よりも安価です。出張費がなかなか満足に受け取れない最近のサラリーマンにとって、大変有り難い移動手段と言えます。夜行バスは交通費が安価なので、会社から支給された出張費を賢く使えます。また突然大阪出張を命じられた場合も、夜行バスであれば迅速に予約が取れます。インターネットから予約が取れます。

パソコンやスマートフォン、タブレットから予約が取れますので、本当にいつでもOKです。ネット予約だと値段がよりお安くなったりしますので、本当に便利でお得です。更に夜行バスは深夜遅くに移動します。そのため、普通のバスや新幹線よりも便利です。既存の移動手段だと朝昼に移動します。

そのため、東京から大阪に行けば、到着は早くても昼、夕方、場合によっては夜になります。しかし、深夜遅くに移動すれば、大阪の到着は朝方になりますので、翌日は丸々一日、時間を有効に使えます。

大阪まで快適な座席の夜行バスで過ごす

大阪まで夜行バスで行く場合、例えば関東からだと夜の9時ぐらいに出発して、到着するのは朝の6時から7時ぐらいとなります。途中で何度か休憩はあるものの、基本的には長い時間座席に座っている状態となります。

一般的な夜行バスは、いわゆる4列シートとなっているので、隣に誰かがいる状態で座ることが多いです。また、後ろとの距離も近いため、あまり座席も深く倒せない設計となっています。したがって、どうしても4列シートの場合だと、長時間座るのが難しいという人もいるでしょう。

そんな時は、3列シートの夜行バスを利用する方法があります。3列シートであれば、1つ1つの座席が独立した状態となっているので、隣に誰かが座っているいうこともありません。また、後ろの距離も確保されているので、かなり深くまで座席を倒すことが可能です。これなら、大阪まで快適に車内で過ごすことができるでしょう。

ただ、3列シートの場合は料金が少し高めに設定されているので、それがどうしても懸念材料になってしまうでしょう。ただ、それでも飛行機や新幹線よりはよっぽど安いですから、快適性を重視するなら十分に利用する価値はあると言えます。

大阪に到着するまでに疲労が溜まっている状況では、旅行や観光の楽しさも半減するでしょうし、だからといって飛行機や新幹線は高くて厳しいのであれば、夜行バスの3列シートは大いに検討する余地があります。
いろんなバス会社の料金を比較して、お得なプランを見つけるといいでしょう。

大阪には飛行機よりも夜行バスが便利

旅行や観光で大阪に訪れる場合、もちろんあまりに離れた場所に住んでいるのであれば、飛行機を利用することになるでしょう。

ただ、関東や北信越や中国地方など、中距離ぐらいの場所であれば、飛行機よりも夜行バスの方が便利に活用できます。飛行機の場合、料金の高さはもちろん大きなネックとなりますが、空港が大阪の繁華街からかなり離れた場所にあるので、到着してからまた更に移動に時間とお金を費やさなければなりません。

また、早朝便に乗るのは時間的に厳しい人も多いでしょうから、そうなると大阪の繁華街に着くのは早くてもお昼ぐらいになるでしょう。一方で夜行バスの場合、かなりの格安料金で利用することができるため、それだけでも大きな利点と言えます。

また、深夜の時間に移動をすることになるので、現地には朝早く到着することになりますから、より多くの時間を観光に費やすことができます。そして何より、到着先は繁華街のど真ん中ですから、面倒な移動を強いられることもありません。

このように、夜行バスには数多くの魅力や良さがありますから、住んでいる場所にもよりますが飛行機よりも断然便利に利用できるのです。快適性に優れたバスもたくさんありますから、それなら苦痛なく大阪まで移動することができます。むろん、帰りは新幹線や飛行機を使うのもいいでしょうし、もちろん往復で夜行バスを利用するのもいいと思いますし、自分に合ったプランで旅行を楽しめばいいでしょう。

尾瀬観光に行くならバスがおすすめ

日本有数の高層湿原の尾瀬はバス観光でも人気が高く、一年中雄大な自然を楽しめます。どのシーズンに訪れても、心を癒してくれるような、美しい景色が見られるので、どこに行こうかと迷ったときは選ぶようにしてください。 続きを読む “尾瀬観光に行くならバスがおすすめ”